俺のYoutubeセレクション

記念すべき俺のYoutube登場第一回目ですね。これまではブログで自分のことを喋っていたんですが、動画の方が早いな。と思って慣れない感じにカメラに向かって一人語りしています。今見るとこっぱずかしいですが、これが当時の俺の精一杯です。反省点としては、うざいタメ語なのと、まだ格好つけまくっていて自分をさらけ出してないところですね。豊田市のアパートから収録しているんですが、今と比べてまだ顔色がいいというか、自分の野菜を食っていたので健康そうですね。まだこの頃は毎日動画Upはしていなくて、曲の解説をするために動画に登場していた感じです。現時点で再生回数が154回というのも悲しい(笑)。

 

 

 

今のところ、俺の動画の中で最も再生されているものです。正直これが5万再生されるとは思ってもいませんでした。内容はちょっとしたコントです。友人のくれたEOS kiss x4を使ってボケの効いた絵づくりをしています。ナレーションはもちろん自分です。罠のかけ方なんて本当はやってないので、そこはご了承ください(笑)

 

 

 

記念すべき第一回目のYoutubeライブです。限界まで自分を追い込んで、エンターテイメントしようとしています。同時視聴で最大68人くらい見てくれました。このライブ後のチケットの売り上げが5万円ほどになって俺は本当に助かりました。正直この売り上げがなかったら、アルバイトに行かないといけなくなるところでした。(それくらい働けよ!という突っ込みはなしでお願いします。)そして、俺は自信を得てまた連日のYoutube動画投稿を続けていくようになったのです。このライブ自分で見ても結構面白いとおもいました。

 

 

 

チャンネル登録者数1000人を超えたときの、アマギフ開封の儀動画です。すごい量が届きました。そして信じられないことに送ってくれているのは、ほとんど女性なのです。ようやく俺にも春が訪れようとしているのでしょうか。

 

 

 

俺の中では快心の出来なのですが、あまり評価の高くない動画です。わかりにくかったのでしょうか。ならおかファームの表現はリアルとフィクションを常に混ぜて作っています。リアルもとことんハードですが、フィクションの世界も俺はハードに攻めたいときもあります。

 

 

 

山小屋めしシリーズは割とみられているシリーズなのですが、この回は特にイントロにこだわりました。直前に見たプライベートライアンという映画を参考に戦争物のカメラワークを取り入れています。一人で演出、撮影、演技は結構大変なんですよ。

 

 

 

南無妙法蓮華経はこの時に開発して、結構多用しています。この動画から山小屋の過酷な生活をさらけ出して笑いに変えることを色々思いつきました。

視聴者の佐々木さんは、最初俺にギターをくれて、それからの付き合いがはじまりました。同い年で、割と近所。これまで全然違う人生を歩んできましたが、佐々木さんも熱い思いでモノづくりをされていて、俺たちは徐々に意気投合して、今ではことあるごとに一緒に出かけています。そしてイケメンな佐々木さんは女性視聴者さんにも人気です。俺は嫉妬します!!俺だって髪を切って髭を剃れば・・・いえいえ。俺はデスメタルですから、それをやったら俺は普通のおじさんになってしまいますから。人は見た目から!!佐々木さんは本当にやさしい人なんですよ。

俺は農業をやめて、しばらく畑の片付けをやっていませんでした。毎日動画作りをしすぎて、そろそろ返納しなければいけないのに、草がぼうぼう、ビニールを剥がす作業があったんです。で、それを視聴者さんに手伝ってもらおうという、無謀なイベントをやりました。募集段階で、ものすごい非難轟々だったんですが、やってみたら、イベント自体はもりあがりました。そして普段コメント欄に人に実際に出会えていろいろ話ができたのもよかったです。これを機に俺は活動においては人に物を頼むことを恐れない方がいいと思いました。おそらく視聴者さんで、俺のことが嫌いだけれども、なぜか追いかけてしまう方もいると思いますが、俺は普通だったらやらないこと(やれないこと)をやるので、そこに嫉妬を感じているのかもしれません。俺は人に頼ることを恐れません。なぜなら一人で生きることは不自由だからです。一人で生きることを美徳としていた時期も俺にもありましたし、人に頼るのはゲスいことだと思っていました。しかし、実際俺は人に頼らないと何もできないのです。それがわかってから、俺は頼って、そのお返しに面白い動画や、喜んでもらえる音楽を作ることでお返ししています。それが俺の生き方なのです。

俺のファン?でもある、たねきさんという視聴者さんが、な、なんと車をかしてくれました。しかもキャンピングカー仕様の車です。俺は足はカブしかなかったので、車をゲットしたことは正直この段階では、感動を飛び越えて何もかんがえられなかったです。というのは、この当時俺は光回線インターネットを山小屋に導入したり、心ある視聴者さんから撮影機材などの支援を受けて満腹状態だったのです。これらのありがたみがわかるのは、もう少し後でした。しかしすごいですよね。Youtubeで車をゲットできたわけですから。

視聴者さんに貸していただいている車と、視聴者さんからいただいた心づけを使って、マスターを温泉に連れていきました。俺はマスターに散々にお世話になっているので、たまにはお返ししたくなったんです。親父に親孝行できなかった俺はいつのまにか、マスターに親父をみているのかもしれません。

大好評な川シャン動画をCM調につくってみたものです。一人で1日で作った割には出来がいいでしょ?川シャンはネタでしょ?って思ってる方がいると思いますが、本当に毎日俺は川で頭をあらっているんですよ。おかげで髪もふさふさです。